日常の何気ないタイミングに、ふと込み上げるよろこび……みたいなことはありませんか?こちらでは、そんなちょっとココロが動く瞬間とカフェオレについてのエピソードをお届けします。 私のカフェオレ時間

第31回 暖かな季節の訪れに一家団らんの「和カフェ」(女性/46歳)

ぽかぽかとした陽気の中、夫が庭先で趣味のガーデニングをする様子をぼんやりと眺める。今日は春分の日。冬の寒さはどこへやら。窓から差し込む爽やかな日差しが気持ちよくって、ついついあくびが出ちゃう。休みの日には外出ばかりしている娘(15歳)も、3連休最終日は家でゆっくりしているようだ。こんな日に何もしないのはもったいない。久しぶりに家族3人そろってティータイムなんていいかも!と、春のお彼岸にちなんで買ってきた“ぼたもち”の包みを開けていると娘が寄ってきた。おいしい気配には敏感なやつめ(笑)。

「あ、おはぎじゃん!おいしそう~!」と、つまみ食いをしようとする娘の手をバシッと叩く。「こら、行儀悪い。それにこれは“おはぎ”じゃなくて、“ぼたもち”よ。まあ、同じものなんだけどね。春のお彼岸には牡丹の花にちなんで“ぼたもち”、秋のお彼岸時期には萩にちなんで“おはぎ”って言うのよ」。娘はクリクリとした瞳で私の顔をまじまじと見る。

「へえ、知らなかった!ママが知ってるのって、安売りしてるスーパーだけかと思ってた~」とニヤリ。まったく、この減らず口は誰に似たんだか。と、思いつつも、普段の夫に対する私の態度とちょっぴり被るのが悔しい……。

和菓子には日本茶!と言いたいところだけど、今日はちょっと趣向を凝らしてカフェオレを淹れてみる。“ぼたもち”に合わせて用意した湯呑に、褐色のコーヒーを注ぎ入れてみると、これが意外と乙なもの。クリープをたっぷり入れてキャラメル色になったカフェオレをググっと飲み込めば、自然とため息がこぼれる。夫と娘が同じ顔で「はあ~」なんて言うもんだから笑っちゃった。ティータイムにはいつもコーヒーと洋菓子を用意していたけれど、たまには和トーンもいいものね。

ふと外に目をやると、お隣さんの庭から顔を覗かせる木の枝にいくつか開花した桜が見える。もう少しすれば見ごろかな。そしてその頃には娘も高校生!この生意気な娘は一体どんな高校生になるのやら……わが子のことながら、どこか私がワクワクしてしまうのだった。

私のカフェオレタイムは、暖かな季節の訪れに軽やかな期待を感じるひとときでもある。

Back number

ページトップヘ

  • クリープとは?
    • クリープとは?
    • クリープの歴史
    • クリープのおいしさの秘密
    • プラスチックボトル
  • 商品ラインアップ
    • 商品ラインアップ
    • クリープを美味しく楽しんでいただくために
  • CMギャラリー
    • CMギャラリー
  • キャンペーン情報
    • 私のカフェオレ時間
  • クリープカフェ
    • クリープカフェトップ
    • 世界のドリンクメニュー
    • 季節のドリンクメニュー
    • ラテアート
    • カフェ風コーディネート術
    • クリープキッチン
  • ご利用規約
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • Copyright(c) MORINAGA INDUSTRY Co.,Ltd All Rights Reserved.