タイのコーヒー

ガーフェー・ローン


ガーフェーはコーヒー、ローンはホットの意味。
砂糖などをたっぷりと加えた濃厚なタイ風コーヒーを、クリープで手軽に再現。

作り方

1
Aを練り合わせ、耐熱グラスに入れる。
2
ネルフィルターに一度、湯(分量外)を通してから、できるだけ固く絞って水気をきり、しわを伸ばしてコーヒーサーバーにセットし、コーヒーを入れてスプーンなどで真ん中を少しくぼませる。
2
少量の熱湯をコーヒー全体にまんべんなく含ませるように静かに注ぎ、30秒くらいそのまま置いて蒸らします。残りの熱湯を、中心から「の」の字を描くように3回ぐらいに分けて注ぐ。
2
(1)に(3)を注ぎ、混ぜ合わせたBをお好みで加える。


おすすめレシピ

材料 1人分

  • クリープ使用
  • 森永乳業レシピ
コーヒー
(イタリアンロースト中挽き)
15g
熱湯 140ml
A クリープ 27g
(ティースプーン9杯)
A グラニュー糖 12g
(ティースプーン3杯)
A 水 大さじ1
B クリープ 6g
(ティースプーン2杯)
B 湯 大さじ1

ワンポイントアドバイス

「濃く甘く」がタイ流。蒸らしはしっかり、湯もゆっくり3回に分けて注ぐと濃いコーヒーが抽出できます。

クリープのおすすめ杯数:11杯

栄養成分(一人当たり栄養価)


知ればもっと美味しくなる!ガーフェー・ローンの楽しみ方

豆について
タイのコーヒーは、濃くて苦みが効いているのが特徴。お好みの豆を深入りにすれば、タイ風コーヒーを再現できます。おうちで作る場合には、インスタントコーヒーを濃いめに抽出することで、よりタイのコーヒーに近づけることができます。
淹れ方について
タイの屋台では、コーヒー、紅茶ともに布製のドリップバッグで漉すという特徴があります。それを真似て、ネルドリップにすると、タイっぽいコーヒーをおうちに居ながらにして楽しむことができるのです。

飲み方について
タイのコーヒーは、濃く抽出し、砂糖もミルクもとにかくたっぷり入れるのがポイントです。最初は、この甘くて濃い強すぎる味わいにびっくりしますが、じわじわとこの味が病み付きになってしまうんです。
美味しくなった!タイのコーヒー
タイのコーヒーは…というのは昔の話。近年では、王室や国連が山岳地帯を中心に、麻薬栽培に代わる換金作物として、コーヒー栽培を推奨しています。コーヒーの栽培に適した気温を兼ね備えているうえ、土壌も申し分なく、大変おいしいコーヒーが栽培されています。

過去のレシピもチェック! Creapカフェ 前のページにもどる


  • クリープとは?
    • クリープとは?
    • クリープの歴史
    • クリープのおいしさの秘密
    • プラスチックボトル
  • 商品ラインアップ
    • 商品ラインアップ
    • クリープを美味しく楽しんでいただくために
  • CMギャラリー
    • CMギャラリー
  • キャンペーン情報
    • 私のカフェオレ時間
  • クリープカフェ
    • クリープカフェトップ
    • 世界のドリンクメニュー
    • 季節のドリンクメニュー
    • ラテアート
    • カフェ風コーディネート術
    • クリープキッチン
  • ご利用規約
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • Copyright(c) MORINAGA INDUSTRY Co.,Ltd All Rights Reserved.